Wakahara Maki

若原麻希

ワカハラ マキ
11月16日生まれ

  1. トップ
  2. 歌詞
  3. 血まみれナイフ

血まみれナイフ

いつもすました顔で
うまくやってるフリで
深い傷から赤く
ぬるい液体溢れ
本当はぐちゃぐちゃなのに
誰も悟られないの

あのころあたしは未熟で
野良猫みたいに暮らし
我が儘言ってはまるで
いっぱしぶってるつもり
デタラメみたいな世界で
自分勝手に生きていた

たぶん感情が高ぶって
喚いているだけよ
みじめで馬鹿なあたしを慰めてよ
叫んだ声は吸い込まれ
もう手遅れです
激しくそして悲しいジャズを
もっと踊ってみせて

右手に血まみれナイフ
左手で夢を抱き
愛していたのは衝動なの?
気まぐれなの?

からっぽみたいなあたし
こんなにしたのは誰
恋した夜に咲いたのは 悲しみよ
狂いながら壊れながら
生きてゆくの

気づけば毎日独り
いつまでたっても独り
暗い電灯のしたで
あなたは何処かに行ったの
明日は明るいなんて
一体誰が言ったのでしょう?

たぶん最初から無かったの
紙芝居よ
あわれな舞台役者はあたし
「楽しかった思い出だけ飾っていようよ」
裏切ったのはどちらなのよ
あなた、それ捨てゼリフ?

右手に血まみれナイフ
左手で夢を抱き
愛していたのは衝動なの?
気まぐれなの?
からっぽみたいなあたし
こんなにしたのは誰
恋した夜に咲いたのは 悲しみよ

掻き抱いて
夢見せて
嘘だと言って

右手に血まみれナイフ
左手で夢を抱き 
愛していたのは衝動なの?
気まぐれよ

あんなはずじゃなかったのにどうしてなの
離れていくあなたなんて見たくないの
空のあたし抜け殻ごと押さえつけて
涙でないほどに深く深く刺して頂戴

mtime: 2020/09/15 23:11